ブックタイトルLWL vol.4

ページ
8/38

このページは LWL vol.4 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

LWL vol.4

東京と軽井沢を生活拠点とする「マルチハビテーション」の生活を始めてから8 年、これまでより濃密で豊かな時間を送っている実感があります。ヨーロッパなどには、週末を過ごしに行くウィークエンドハウスを持つ文化がありますが、私も年齢を重ね子が親元を離れるなど生活が変わるにつれ、都会から1、2 時間ほどの自然に触れられる場所に生活拠点を持つことを考えていました。軽井沢は自然にあふれながら東京から行きやすく都市的な利便性も持ち合わせている絶好の環境でした。田園都市構想で知られる19 世紀イギリスの学者エベネザー・ハワードが、都市生活だけでなく四季の移ろいや自然に触れることの重要性を実証していましたが、まさにその通り。この生活を始めて以来、入浴のためだけに軽井沢の自宅に行き、景色を眺めながらゆったり湯に浸かってリラックス、そのまま東京に戻ったりすることもあります。贅沢、無駄遣いと言われることも多々ありますが、絶対的な価値に触れると蟹瀬誠一/ジャーナリスト